腰痛などの影響で、しばらく長距離運転をしませんでした。

私は長年、足代わりに車を利用してきました。どこへ行くにもドアtoドアで車を利用していました。しかし、数年前から様々な理由で車生活をしなくなりました。理由の一つに腰痛がありました。 長距離運転はどうしても腰に負担がかかってしまいます。最低でも2時間おきに休憩を取り、腰を伸ばすようにしていました。

しかし、ここ近年はそれもままならず、1時間以上続けて運転をすることができなくなってしまいました。車の運転の楽しみが無くなってしまって数年経ちました。

今ではそれほど車に乗って遠出をしたいという願望もないのですが、腰痛に関しては改善していかなくてはという気持ちでいます。そこで、腰痛になりにくい生活習慣や運動を行い、ひどい時よりは少しずつですが、腰痛が改善してきました。

久しぶりに遠出をする機会があり、少し不安だったのですが、思い切って車に乗ってみることにしました。1時間以上かかる場所への移動でした。30分を過ぎたころから、腰から背中にかけて違和感があるようになりました。腰痛の初期症状が出始めたのですが、姿勢を変えてなるべく同じ姿勢にならないように気をつけました。

そのおかげで何とか無事に目的地に辿り着くことができました。帰路は自分で運転しましたが、こまめに体勢を変えることで、最後まで無事に運転を行うことができました。

自宅に帰ってからはしっかりとストレッチを行い、腰痛がひどくならないように気をつけました。長時間ドライブを楽しむためにも、日々の健康管理が大切だということをとても実感しています。